京都大学 Kyoto University

福井謙一記念研究センターFUKUI INSTITUTE FOR FUNDAMENTAL CHEMISTRY

福井謙一奨励賞(第2回)募集(2017年11月30日締切)

1. 趣旨
 福井謙一博士は、京都大学工学部の教授であった1981年に「化学反応過程の理論的研究」でノーベル化学賞を日本人で初めて受賞されました。1982年京都大学を定年退官後、京都工芸繊維大学長を経て、1986年に自身の研究をさらに進め、また若い研究者を育成するため、産業界からの援助を得て財団法人基礎化学研究所を設立され、1988年から所長に就任されました。
 1998年に福井博士が逝去された後、当研究所は京都大学へ寄附移管され、2002年に福井謙一記念研究センターとして発足、現在に至っています。
 当センターでは、最先端の基礎化学と応用化学や関連する諸分野の科学を融合し、次世代の化学理論の構築を行うとともに、若い研究者による発展的な研究を支援・助成するという目的のもと、我が国唯一の理論化学の拠点として独創的な研究活動を展開し、数多くの若手研究者を育成・輩出してきました。
 化学の将来の発展のために若手研究者の育成の大切さを説いておられた福井博士の遺志を汲み、当センターでは、福井謙一奨励賞を設け、基礎化学・理論化学の分野で顕著な研究業績を挙げた若手研究者を顕彰しています。

2. 応募条件
大学・研究機関等に所属する満32歳以下(2017年4月1日現在)の研究者(大学院生含む)で、基礎化学・理論化学の分野で顕著な研究業績を挙げ、今後も対象分野で中心的な役割が期待されると認められる者。
3. 顕彰
受賞者は1名とし、表彰状と記念楯を授与します。
4. 提出書類
(1) 応募調書(リンクからダウンロードしてください)
(2) 研究業績⽬録(著書、学術論⽂及び総説を種類別に分類のこと。)
(3) 応募対象となった業績に関連する論⽂の別刷(5編)
(4) これまでの研究概要(1500字程度)
5. 提出方法
上記応募書類を電⼦メールもしくは郵送にて下記連絡先に提出してください。
(メールの場合は件名を「福井謙⼀奨励賞応募書類」としてください)
6. 応募締切日
2017年11月30日(木)(必着)
7. 選考及び選考結果の通知
福井謙一奨励賞選考委員会において選考を行い、受賞者を決定します。
(選考の過程において面接を実施することがあります。面接実施日は対象者へ個別に連絡します。)
なお、選考結果の通知は、2018年1月初旬までに行う予定です。
8. 表彰式
2018年1月下旬頃に開催の「福井謙一記念研究センターシンポジウム」内で行います。また、表彰式後に受賞対象となった研究成果の発表をしていただきます。日程等詳細については、別途、受賞者に通知します。
9. その他
(1) 選考結果に対する問い合わせには応じかねます。
(2) 受賞者の⽒名、略歴及び受賞の対象となった研究業績等は公表されますので、あらかじめご了承願います。
(3) 選考の結果、該当者なしの場合もあります。
(4) 提出書類に含まれる個⼈情報は、厳重に管理し、本奨励賞の事業遂⾏のためのみに利⽤します。
10. 書類の提出先及び問い合わせ先
京都⼤学福井謙⼀記念研究センター事務室
〒606-8103 京都市左京区⾼野⻄開町34-4
TEL 075-711-7708
E-mail: fukuiprize*

*マークの後に、アットマークとmail2.adm.kyoto-u.ac.jpをつけてください。

>>過去の受賞者

back to pagetop