本メモリアルシンポジウムは、三名の著名な先生方にご講演を行っていただきます。

メモリアルシンポジウム概要

日程
2018年10月12日(金)午後

会場
京都大学百周年時計台記念館(京都市左京区吉田本町)
(サテライト会場:京都大学国際科学イノベーション棟シンポジウムホール(予定)(京都市左京区吉田本町))

講演者
13:35~14:25 Roald Hoffmann (米国コーネル大学教授、1981年ノーベル化学賞福井謙一博士と同時受賞)
「Simulation vs Understanding: A Tension, and Not Just in Our Profession」

14:25~15:15 白川 英樹(筑波大学名誉教授、2000年ノーベル化学賞受賞)
「高分子合成を志して」

15:25~16:15 古川 安(化学史学会前会長)
「『応用をやるなら基礎をやれ』-福井謙一のたどった道、拓いた世界-」

お申し込みについて
メモリアルシンポジウムには事前申し込みが必要です。

ただし、会場の都合により、現在抽選制となっております。 また、お申し込みの人数によっては上記サテライト会場(吉田キャンパス国際科学イノベーション棟シンポジウムホール(予定))となる場合がございます。 サテライト会場では同時通訳を行いません。 抽選の結果は最下段のメールアドレスから、9月7日以降にお申し込み時に記載したメールアドレスに通知されます。

福井謙一記念研究センターFUKUI INSTITUTE FOR FUNDAMENTAL CHEMISTRY